女性の冷え・夏冷えの原因 夏冷え防止方法 夏冷え防止で老け防止



20代30代の女性に夏冷えが増えている

女性にとって「冷え」は、整理不順に整理痛、子宮筋腫などの婦人科系のトラブルや、それに伴うイライラ、憂鬱感のもととなり、アンチエイジングの大敵です。しかし、そんな症状を誘発する「冷え」がいま、20〜30代の女性に目立ってきていると言います。そして、夏でも、食べ物や空調などの影響で「夏冷え」の症状が増えています。

体の不調を訴える女性の体温を測ってみると、平熱が35度台で、中には34度台という低体温の人が見受けられます。理想的な体温は36.5度です。

その「冷え」の背景には、「筋肉の衰え」があります。体の40%は筋肉でできていますが、祖母や母親の時代にくらべて、電車や交通機関の急激な発達で、筋肉を使う機会が極端に減ってきたことが「低体温化」の原因になっています。

運動する時間が減ったことで筋肉が衰え、体内の代謝が悪くなって、冷えが進み、最近では、大人だけではなく、子供たちの中にも低体温が見られますので、「冷え」は現代病ともいえるでしょう。

一歩外に出ればの強い日差しが照りつけても、オフィスや電車の中は寒いほどの冷房がかかっている季節です。だからこそ、体を温めて、夏冷えからくる不調を改善しましょう!
 
posted by 女性の夏冷え | 女性の冷え・夏冷えの原因

女性は冷えをためやすい

また、女性は、男性に比べて冷えやすい傾向にあるといいます。

女性は男性に比べて体内の水分量が多く、筋肉量が少ないことが原因です。さらに女性らしさをつくるホルモンのエストロゲンは、体を冷やす作用もあり、もともと冷えやすい体質なのです。

特には、冷えを溜め込む危険性の高い季節です。最近はどこに行っても冷房が効いていて、中でもオフィスに一日中いる内勤の人はつらいのではないでしょうか。外回りの人でもの暑さで汗をかいた状態でキンキンに冷えた電車やオフィスに入るから、汗が引くと同時に体温を奪われます。そのため、意識的に体を温めていかないと、どんどん冷えが蓄積されてしまいます。

ではなぜ、冷えは病気や体の不調につながり、気をつけなければならないのでしょうか。

冷えとは、体温の低下のことで、血液の流れを阻害し、代謝を弱くします。そうなると、栄養素や水、酸素などの必要な物質が全身にまんべんなく行き渡らなくなり、ホルモンや赤血球、白血球などの働きも悪くなります。そして、老廃物を対外に排出する機能も低下しますので、毒素が体内にとどまり、その結果、血が汚れて、様々なトラブルが体に起こります。

ではどうしたら、そんは冷え症状から脱出できるのでしょうか。

まず、汗をかくことをおすすめします。汗をかくと、体温が1度あがります。

体を温めることで血流がよくなり、内蔵が元気になります。さらに肌がきれいになったり、むくみが取れてすっきりすれば、精神的にもイライラがなくなったりと、いい循環が生まれます。女性にとって冷え取りはアンチエイジングには欠かせない要素です。
 
posted by 女性の夏冷え | 女性の冷え・夏冷えの原因

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。