女性は冷えをためやすい 夏冷え防止方法 夏冷え防止で老け防止



女性は冷えをためやすい

また、女性は、男性に比べて冷えやすい傾向にあるといいます。

女性は男性に比べて体内の水分量が多く、筋肉量が少ないことが原因です。さらに女性らしさをつくるホルモンのエストロゲンは、体を冷やす作用もあり、もともと冷えやすい体質なのです。

特には、冷えを溜め込む危険性の高い季節です。最近はどこに行っても冷房が効いていて、中でもオフィスに一日中いる内勤の人はつらいのではないでしょうか。外回りの人でもの暑さで汗をかいた状態でキンキンに冷えた電車やオフィスに入るから、汗が引くと同時に体温を奪われます。そのため、意識的に体を温めていかないと、どんどん冷えが蓄積されてしまいます。

ではなぜ、冷えは病気や体の不調につながり、気をつけなければならないのでしょうか。

冷えとは、体温の低下のことで、血液の流れを阻害し、代謝を弱くします。そうなると、栄養素や水、酸素などの必要な物質が全身にまんべんなく行き渡らなくなり、ホルモンや赤血球、白血球などの働きも悪くなります。そして、老廃物を対外に排出する機能も低下しますので、毒素が体内にとどまり、その結果、血が汚れて、様々なトラブルが体に起こります。

ではどうしたら、そんは冷え症状から脱出できるのでしょうか。

まず、汗をかくことをおすすめします。汗をかくと、体温が1度あがります。

体を温めることで血流がよくなり、内蔵が元気になります。さらに肌がきれいになったり、むくみが取れてすっきりすれば、精神的にもイライラがなくなったりと、いい循環が生まれます。女性にとって冷え取りはアンチエイジングには欠かせない要素です。
 
posted by 女性の夏冷え | 女性の冷え・夏冷えの原因
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。